スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

紀ノ川から加太へ

 


前日の山登りのお陰で、両足のふくらはぎが
筋肉痛になってしまい、歩くのが痛くって痛くってぇ(泣

次の日にちゃんと筋肉痛になってるってことは
まだ若いってこと?ぬはははは〜(そんなことないか)

そんなお気楽なことは言ってられないくらい痛いんだってっ!

この後の旅の間中、筋肉痛で上手く歩けないほどでした。



大阪から山を越え、一路和歌山へ。

前回お風呂に入れなかったので、もう一度

野半の里へ行き



大きな酒樽の中に座り、地ビールと地酒をいただく。








トイレからの〜 温泉へ。


有馬温泉のような金泉(茶色い湯)で
建物も風情があります(一人¥800)

洗い場が少ないように感じていたら
露天風呂の手前にも、洗い場が増設されていました。

人気あるようで、お客さん多かったよ。





この日の車中泊は、紀ノ川の道の駅で。


次の日は、5時半頃に起床しました。


河原の芝生で朝ご飯をと思いきや
先月の台風12号で、河原のBBQコーナーも




ガレキだらけになっていました。

かなり広い川幅なのに・・・

あの時の水量の多さが伺えました。







おにぎりを頬張りながら見た空。





高野山を望む



最終日


朝9時すぎに 
めっけもん広場 でお野菜などを購入。

ジェラートをいただきました。




ミルク・ブルーベリー・いちじく




帰りに加太の淡島神社へ。




右奥の人形、見えますか?

ここは人形をお奉りする神社です。




日本人形など、境内にい〜っぱい。

ダンボール1箱程度を¥500で引き取って奉って下さいます。
ひな祭りの時に、海に流す風習があるそうです。




猫も安心して居眠る、とってものどかな町でした。



三連休を満喫できて、とても楽しゅうございました。










さぁ〜!元気出していきましょ〜!









詰め込んで書いたら長くなっちゃった

お付き合いいただき、ありがとうございました。





半泣きの登山

 


週末は正に秋晴れの三連休。
前々からハイキングに行きたがってた
今回選んだのは、大阪は河内長野にある
槇尾山のハイキングコース。
(まきおさん)          


と、言われても最後まで登れるのか?私。


心の中は不安でいっぱいでしたが、25年前に履いていた
トレッキングシューズのようなモノを引っ張り出し挑んだのです。


山に登る前に、キャンプ場奥にある光滝を見に行きました。


オオニシケンジの真似

マイナスイオンを浴びて、出陣です。



大阪で一番大きい滝畑ダムも近く、川原ではBBQしてるグループの多いこと。
その楽しそうな光景を横目にひたすら歩き、山道へ入りました。


登り始めは立派な杉林を見て、森林浴ー♪な〜んて喜んでたけど
登って行くうちに余裕なんてすぐに無くなってしまい
これ、ハイキングちゃうやん、登山やん〜(T_T)

と半泣きになりそうでした。


途中のボテ峠で休憩






とランチ。




二人で¥200也



ランチ後、また登ったり下ったりが続く・・・



すれ違う登山客の中に、80才近くの女性がいてビックリ。

うちの母上には━─━─━─(乂´д`)アリエマ線─━─━─━

半泣きになっていた自分を戒め、槇尾山施福寺を目指しました。



25年前の靴が合わなかった痛みと、そこからの頭痛もあり
登る早さもスローダウン。眉間にシワもよります(ーー;)





もう歩けなーーーいとダダをこねる(ウソ)



途中本当に引き返そうか?と言ってくれましたが
施福寺横にある売店で、ポテチとチョコ買うんだーー!
という希望を胸に登りきったのでした。





西国霊場 第四番 槇尾山 施福寺にて

残念ながら、ここの売店にはポテチもチョコもありませんでした(泣

それから、お手洗いもボッロボロでした。




今回、初めて登山ステッキ(杖)を使いましたが
これが無かったら、登れていないと思います。


基本的にもっとトレーニングをして、体力をつけなアカンのです。

今回はそれを痛感しました。







泊ったのは光滝キャンプ場。




若いグループも多く賑やか。


BBQの香りを嗅ぎながら、我が家はお野菜たっぷりのお鍋。

ヘルシーにしないとっ!




次の日の様子は明日






さぁ〜!元気出していきましょ〜!











まだアウトドアの入り口だよ。


by




九州親戚巡り 番外編

 


アニキの家(久留米)を出たのは、PM9:30。


最後の宿泊は博多駅近くの アクティブ博多 でした。


このホテルは、昨年10月に出来たとこなのでめちゃ綺麗♪


オサレな大浴場あり、PCルームあり(部屋でも使えます)
ランドリーあり(洗剤まであってタダ)、朝食が多種で美味しい。
(洗濯もして帰って来ましたw)


お部屋も綺麗で使いやすかったです。


なんてったってリーズナブルでしたわよん♪






博多に泊る時はここがいいかもしれない(○'ー'○)


最終日の朝、お土産を買いに キャナルシティー に行きました。





OPAとか なんかいろいろ入ってましたです。




1時間おきにクラッシクにあわせての噴水ショーがある。





母上大喜び


お土産物屋さんに入り、3人ともそれぞれ買い物をしたら


ガラガラ抽選券を4枚貰えたんで、ジャンケンで母上がガラガラ係に。


大きな抽選会場でガラガラ〜っとやったら


見事!加湿器を当てよりました(笑)






画像借りました


自分のお土産が一番エエやつやん(笑)



こうして、九州の旅を終えたのでありました。



帰りは約9時間かかり帰って来ました。


片道800km。(帰りは100kmくらい運転したで)



ありがとう









長々とお付き合い下さりありがとうございましたm(__)m






さぁ〜!元気出していきましょ〜!









よい週末をお過ごしくださいましぇ〜





アニキとの感動の再会

 


まーちゃん家から車で1時間半ほど走ると

福岡県久留米市に到着。

ここに母上の兄(アニキ)が住んでいます。

アニキは母上より4歳上で正に九州男児!

厳しい中にも優しさの溢れる人です。

ここ数年、体を壊しているようで、一人娘のいとこが

伯父夫婦を一人で看ています。

アニキの家に行く前に、リサーチしておいたお店で

いとこと4人でランチ。




海鮮寿司 一心  (これで¥1360)

お寿司もさることながら、茶碗蒸しもしじみのお味噌汁も味が抜群!

左上のエビフライは超ビッグで揚げたてよ!

かなり満足なランチでございました☆

偶然にもこのお店はいとこの知り合いでした。



いよいよアニキの家へ。

数日前から調子が悪かったのに、私達が来る日が近づくにつれ


元気になって来ていると聞き、それだけで嬉しかったのですが

アニキは玄関前で待ってくれていて、私の名前を呼び笑顔を見せてくれました。

もうここで涙ぐんだ私。

母上もアニキの奥さん(おばちゃん)の顔を見るなり

二人で涙ぐんでいました。

お互いに心配しあってたし、ずっと会いたかったんよね。


アニキん家には、もう一人の叔父(かずちゃん)も娘家族と
(福岡在住)

来てくれて、とても賑やかなひと時になりました。

かずちゃんも病気をしていたので、母上も心配していたんですが

元気にしていてくれました。


かずちゃんの娘(いとこ)にも、20年ぶりくらいに会えて

また連絡をとりあう約束もしました。



夜は博多のホテルに泊る予定になっていたので

早く帰るつもりにしていましたが、アニキの娘(いとこ)が

もうちょといれるとやろ?と引き止めてくれて

また、一心の豪華なお刺身盛り合わせなどご馳走してくれました。
(画像はありません)

アニキは北島サブちゃんが好き。

ミュージックフェアを観ながら、ある男性アーティストが


普段着のような恰好で歌っていると

観てるか観てへんかわからんかったのに

このハナクソが!もっとちゃんとして歌え!

と怒っておりました(笑)

私にすれば懐かしいアニキの毒舌ですが

知らない人が聞いたら、なんちゅう事を!って思うよねw



アニキは日頃寝ていることが多いのに

私達の手前、かなりの時間起きていてくれました。



アニキ元気でね



母上も「アニキ!また来るね!」

と言って別れを惜しんでいました。









明日は番外編です。





さぁ〜!元気出していきましょ〜!









アニキ、昔はかなりモテたらしい




まーちゃん家

 


島原を後にして、

向かうはじーちゃん、ばーちゃんのお墓のある

長崎県諫早市(いさはや)

の爆走のお陰で時間通りに到着できました。

ここで、まーちゃんと再会。
(まーちゃんは叔父です。)


諫早は母上が4歳から20歳頃まで過ごした町。

母校の高校もまだありました。


まーちゃんは母上より5歳下の弟。

今は透析に通わないといけない体なのですが

2年半前からボーリングに熱中していて


つい先日も 300点をたたき出したツワモノなのです。

母上の兄弟はちーちゃん以外スポーツマンですが

来年70歳のまーちゃん、透析している左腕は

痛々しいのに、反対の右腕は昔のなごりなんですかね。


じーちゃんとばーちゃんのお墓に結婚の報告をして

大村のまーちゃん家でもご馳走をいただきました。




長崎の味 皿うどんなどなどなど
(出前です)

皿うどんはパリパリ麺ではなく、太麺タイプ。

ここの餃子の具が甘かったのでビックリしました。

この他に、まーちゃんの奥さんがお煮しめを作ってくれてたり

食べても食べても減らないので、次の日の朝までかかって食べました。

マジでお腹ポンポン!


まーちゃんには二人の息子さん(いとこ)がいまして

特に長男が親戚の中で一番の秀才なんですが

今は大手電気メーカーの海外支社にいまして

いろんな国に転勤になっているらしく・・・

まーちゃんに、〇〇ちゃん(いとこ)今どこにいるん?って聞くと

さんでぃえご にいるとさ。

と言っておりました。

まーちゃんの、カタカナすぎるサンディエゴには

かなりウケましたが、孫の女の子も可愛くって

まーちゃん夫婦も嬉しそうでした。



この後は大村空港の近くにあるスーパー銭湯(温泉)で汗を流し

私達二人で黒木渓谷のキャンプ場で一夜を過ごしました。

空には満天の星。

久々に天の川も見ることが出来て感動でした☆




次の朝、母上を迎えに行き、最終目的地のアニキの家へ・・



ん十年前のアニキ


その様子は明日



さぁ〜!元気出していきましょ〜!










この日はまーちゃんの69歳の誕生日でした







島原よかとこ

 


ちーちゃん家でお昼を食べた後は
島原の観光地を少し歩きました。


島原城にほど近い
武家屋敷は静かな佇まい。




水路が流れる路地




何軒かある武家屋敷は、無料で入れます(^_^)

昔のお家とか大好きなは興味深々のようでした。






島原は湧き水が豊富なのが有名ですね。


街中の水路には、豊かな水量の水が流れ鯉が泳いでいます。





湧き水の水飲み場も沢山あるそうです。





綺麗でしょ





そして、数年前の普賢岳の噴火による火砕流で被災された家屋が
そのまま展示されている
みずなし本陣を訪れました。




自然災害は恐ろしいね・・・





ここでは怪我人は出なかったそうですが、悲惨な家の状態に言葉も出ません。






この日は快晴でした。


普賢岳が綺麗で、見惚れます。






反対側は



こんな景色で、海の向こうは熊本です。





ちーちゃん家の近くにある ねはん像 は





墓地の中にあります。





向こうに見えるのは眉山。




この眉山があったので、ちーちゃん家は火砕流の被害がなく助かりました。


普賢岳の火山灰が時々降ると、雨樋につまりとても重いそうです。


それでも、ご近所の方と助け合い暮らしているとか・・・




そして、お楽しみの温泉は、もちろん雲仙温泉へ


普賢岳を横目に山を登って、着いたのが雲仙地獄






硫黄の香り苦手やから、タオルを片手に鼻を押さえる私と
硫黄の香りはこれぞ温泉ってのが嬉しい






グツグツ ブクブク






近畿地方では見られない眺めね







歩道脇にも硫黄の塊があったりします




日も暮れて、肌寒くなってきたとこで温泉に浸かりました。


雲仙地獄からパイプを通って流れてきた温泉水は


少し白く濁ってて、いつまでも浸かってたい感じでした。





島原はよかとこよ〜♪



次の日


ちーちゃん達とは喋りすぎ、次のまーちゃんとの約束時間に
間に合わせる為に、が爆走してくれました。


まーちゃん家からの様子は明日






さぁ〜!元気出していきましょ〜!












うちの親戚のガールズトークにタジタジのでした(笑)




ちーちゃん家からスタート!

 


九州旅行レポ、初めさせていただきますm(__)m

親戚との久々のご対面が目的やったので、各家庭で

ご馳走を出してもらっては、食べながらベラベラ喋るを繰り返し

見事に1kg太ってしまいました(汗

なので観光はちょびっとですが、日記として残しておきます。









2011.9.21 PM5:00

心配してたお天気。
台風15号が東へ行ってくれたので
なんとか出発出来ました。


高速にのると夜はトラック野郎だらけよね
少々怖い思いもしながら、ひたすら西へ西へ。


西へ向かうぞニンニキニキニキニン♪


途中で私も運転(; ´艸`)
45kmの運転で眠気に襲われるショボショボぶり(笑)
この日はやたら眠かったんやもん  



な訳で、トイレ休憩をとりながら
長崎の大村SAに着いたのが AM2:30。


母上も人生初の車中泊(笑)
意外と眠れたわ〜♪   だと(笑)




大村湾PAにて


4時間くらい眠ると島原の叔母から心配の電話で起床。
朝ご飯作ってるからおいで〜と言ってくれるので
お言葉に甘えて、島原の叔母の家へ直行しました。


雲仙の普賢岳の横にある眉山の麓にある叔母の家からの眺め。




島原のちーちゃん家から


先程から、叔母叔母と書いてますが
いつもはちーちゃんと呼んでまして
親戚の誰からもちーちゃんと呼ばれる叔母は
気さくで明るく、面白く、気のきく人です。


母上の兄弟の中で末っ子のちーちゃんが一番しっかりしてるかもしれません。


お喋り好きなちーちゃん。イ・ビョンホンが好きらしい。
めちゃオモロイし(笑)


すぐ近くにあるちーちゃんの旦那さまのお墓参りを済ませ
お昼ご飯は島原名物を出前でとってくれました。




*具雑煮(姫松屋は老舗よ)


いろんな種類の具材がいっぱいなのです。食べたの初めて
お餅・穴子・ちくわ・ごぼう などなどなど
お出汁もとても美味しかった〜♪


島原ではお客さんが来ると、これを出すんだって。
(あれ?初めて食べたけどw)

お腹がはち切れるほどいただきました。


ちーちゃん家の猫ちゃん





おチビ






のんちゃん



猫には、可愛いかね〜♪と、声が変わるちーちゃん(笑)
8年前に乳がんの手術をし、大変だったけど
すっかり元気になって、娘二人と元気に暮らしています。


島原では少し観光してますので、その模様は明日





さぁ〜!元気出していきましょ〜!








島原にもダイソーはあるでー♪




ただいま〜

 


九州から帰って来たばい。


疲れたとー


今日のバイト行くまでは気が張っとったとやけど


帰って来たら動きたくなかー。


がほとんど運転してくれよったけんが


同乗して行った私も母上も、最後の方は


疲れて目がすわっとったけん


疲れたとやろね(笑)



先週の水曜日は台風が来てて


一事はどうなることかと思ったとやけど


お陰さまで台風は過ぎ去った後の出発やったけん


九州にいるときは快晴に恵まれました。


その様子をまた明日からレポするけん


楽しみにしとらしてね♪


すっかり九州弁になった(なってない?w)


ピュアなのでした




さぁ〜!元気出していきましょ〜!









ありがとねー






逆方向へ逃げろ!

 


昨夜から、かなり勢力を増してきてる台風15号。



まもなく近畿地方に再接近の模様です。



今日はこれからバイト



徒歩3分の間に濡れネズミになりそう( ̄∀ ̄;)



それに今日は、バイトが終わったらお出かけなのであ〜る。



んまに、こないだの台風かて、人が出かけるっちゅうときに限って来たし



いらん時にお出ましにならんかてえーのに( ̄皿 ̄;)



出かける先は、九州



母上の郷なのです。



5人兄弟の母上。


(兄・母上・弟・弟・妹)


母上以外、兄弟は皆九州に住んでまして



何年かぶりに会いに行くのです。



昨年からず〜っと行きたくって、何度か計画を立てようとしたのですが



当の母上が忙しくなかなか実現できなかったのです。



今回も日取りを決める際に、母上が来年でいいわとか言うのを




説得して、ゴリ押しして連れて帰ることになったりで(笑)



だってそうでもしないと、いつまで経っても帰れそうになかったので。



九州の伯父さん達の中には、透析に通ってる人もいたり



こちらから行かないと、会えないのでね・・・



長崎の諫早にある、じいちゃん、ばあちゃんのお墓参りもしたいし。



と、いうワケで台風のいない方へ



逃げたいと思います。



いや、ホントに大丈夫なんだろか・・・







では、旅先から更新できたらしますね♪




さぁ〜!元気出していきましょ〜!









ありがとサン☆



尾道小旅行 後編


後編いきます(長いかもww)




尾道の道の駅で出会ったつばめのヒナちゃん



お行儀よくママを待ってますw 可愛い・・





翌朝、目覚めると道の駅恒例の野菜販売の搬入が始まっていました。


地元の新鮮野菜や珍しいモノに出合えるのも
道の駅に泊る楽しみの一つなんです。






お野菜をいくつか購入しましたが
この日はお米を二合プレゼントしてくださいました。


おばちゃんありがとう









尾道散策の為また市役所のに停め
準備をしだしたころから小雨が降り始めました。




先ずは市役所の向かいにある、おのみち映画資料館へ





あの名監督、小津安二郎さんも尾道の出身だそうで
は資料に見入ってました。





尾道を舞台にした映画のロケ風景の写真や
往年の大スターの若かりし頃のポスターが並んでいました。


ここは、どちらかと言うと母上世代が懐かしがるだろうと思いました。


この資料館でいただいた冊子に大林監督の
尾道三部作のロケ地が載っていて


私が一番行きたかった
映画「転校生」のロケ地の神社へ向かいました。




ここかい?


上まで登り詰めると・・・




(御袖天満宮)


ここや!うわ〜感激!(かなり興奮気味)


ここから小林聡美と尾美としのりが転がり落ちて
男女逆になっちゃったのよね〜!!


あ、皆さんご存知ない?(笑)


初めて来た尾道でしたが、坂と階段と石畳と
そして、古寺・お墓がとても多いところでした。






お家もかなり古い建物が多くて、昔懐かしい
昭和レトロが感じられる町並みでした。


次に向かったのが千光寺



精霊がいそうな巨大クスの木。


この横にあるロープウェイで頂上まで行き、歩いて降りることにしました。










頂上でパチリ










有名な断崖

















もっともっと散策したかったんですが
雨もキツくなってきたりで、断念しました



最後にお好み焼きを食べようと
おのみち本通り商店街のお店で尾道焼きをいただきました。





尾道焼きの特徴は広島焼きの中に、砂ズリとイカ天が入っています。


美味しかったですよ



これで、突然の小旅行も終わりです。


また、いつか晴れた日に必ず来たいです






さぁ〜!元気出していきましょ〜!









Thank you・・・